夢衣の足跡

別にゲーム攻略ってわけじゃなく 紹介ってわけでもない。 ―これはただの足跡。

カテゴリ:どうでもいい事

夜の田舎町。後輩は動く、以前わたしが関わった事件で。―あれ、再発したんだなぁ。後輩から連絡が入り、私はその事実を知る。すぐに友人や知り合いたちに連絡を取り、犯人と会話をする。「お前、まだ懲りてなかったんだな」意識はしてない、だけどその言葉を言った私の声は ...

正直、やりたい事なら沢山あるし そのうちのひとつを犠牲にしても何も問題はない。 寧ろそちらを優先すると私は助かるが周りは そのまま だろうと思った。 別問題としてお金を貯めることは難しいだろうという事も理解できた。 どちらを選んでも地獄か。 なら、この ...

"擦れてなくて、不思議に感じる"そう言われて、私は困惑する。私だって それなり の人生を歩んでいるので、多少なりとも"擦れてはいる"はず。でもそれは確かに表面上であって、本質の部分ではない。「ん~、ゆで卵みたいなものですね」と言えば、分かってもらえるだろうか? ...

友人は周りから「女たらし」という感じに思われていて、困っているご様子。「……なんなんだろうな~、あれは」「ん~……貴方も貴方の元恋人さんも私に対してそう思ってたじゃないですか? それと変わりませんよ?」なってみて、分かったんだろう。私も友人もただ交流を増 ...

「なんかあったら連絡して」 私はネット友人に軽く手を振り、別れる。 "なんかあったら連絡して''なんて、あの子も大変なくせに人の心配なんかしちゃって。 一日。 たった一日だったけれど この一日で普段溜まっていたストレスはなくなった。 やっぱり 人の縁 ...

↑このページのトップヘ