夢衣の足跡

別にゲーム攻略ってわけじゃなく 紹介ってわけでもない。 ―これはただの足跡。

カテゴリ:駄文

格闘ゲーム大会が終わり、真夜に頭を下げて別れる。真夜の姿と望の姿を見送ったあと。格闘ゲーム大会で優勝した姫さんを待つ。私「やっちゃったね。姫さん」私の姿を見つけ少し複雑そうな顔をして戻って来た姫さん。その手には優勝時にもらった景品があった。姫「おめでとう ...

私が知っている限りでは真夜も理稀もクラスで人気者だった。真夜に関していえば幼馴染だし陸ほどではないとはいえ、望と一緒に目の見えなかった頃の私を色々と助けてくれていた。恩を感じていたわけじゃない。けど、過去親しかった人間が、幼馴染が私の通っている学校の生徒 ...

陸も真夜も望も勿論、私だって思ってた。私達はずっと一緒だって。これからもそれこそ大人になっても私達は笑い合って、それがずっと続いていくってそう信じていた。でも現実には色んな事があって想いがあって、考えがあってそれをちゃんと理解出来るほど当時の私達は強くは ...

目の手術が終わって普通に小学校に通って勉強して私はよく幼稚園から一緒だった陸以外の幼馴染と遊んでいた。公園で追いかけっこかくれんぼに砂遊び。今まで出来ない遊びを沢山した。楽しかった。でも私が一番したい事は姫さんの好きなゲームだった。「……ゲーム、欲しい」 ...

私の中ではずっと姫さんは「ゲーム好き」だった。あの時―目は見えなかったとはいえ姫さんがずっと「ゲーム」をしていたのはよく知っていたから。何度も何度も同じ音楽が聞こえていた。何度も何度も同じゲームをしていたんだろう。何度も耳に入るゲーム音楽は嫌いじゃなかっ ...

↑このページのトップヘ