「大丈夫ですか?」

職場―同僚がお客様に声を掛ける。
おやおや、体調不良か何かかな? 同僚の元へ辿り着き相手の様子を見る。
顔色が悪い、まっすぐ歩く事は難しいだろうな。

「どこか痛いとかありますか?」
して、した、し、た、した。
私の質問に対して相手は上手く話せていない。

「ちょっと上に救急車、呼んでもらうね」
「お願いいします」

年下の同僚にお願いされ、事務所に向かう。
「すみません。お客さんが気分悪いみたいです。呂律もまわってないので救急車お願いします」
上司はすぐに救急車を呼び、到着までお客様を休ませる。

熱中症か脱水症状か。
まあ、この暑さだしなぁ。

自分の体調もそうだけれど、時期が時期なのでお客さんの様子もちゃんと見ておかないと。
何かあっても困るし…ね。