指定した時間に待ち合わせ場所に辿り着く。
数分後、遊びに行こうと約束していた人達と合流後、目的地に向かう私達。
「二人とも、仕事サボってきたの?」
「こっちはそうだけど、コイツは仕事中って事になってる」
ふぅん?と元同僚とその友人に対して「らしいな」と思ったけれど、表に出すのは止める事にした。
…折角、遊ぶんだし相手を不快にさせそうな言葉は言わないでおこう。

一時間後、目的地に着く。
「おいしそう!」とみんなは言うけれど、お肉こんなに食べれるの?貴方達…。
私のその考えはどうやら正しかったようで、お店を出る時には既にみんなのお腹はいっぱいだった。

「この後、デザートでも食べるか」
元同僚の提案に、正気か?と疑問を持つ……行くなら構わないけれど、量少ないのにしよう……。
再び目的のお店に辿り着き、それぞれ食べたいものを注文する。
注文したものが届き、ナイフとフォークを使い食べ始める私。
お皿に並べられたものを丁寧に静かに片付けていく。

「食べ方綺麗! 上品かよ!」
元同僚、その友人が私を見て笑う。

「お店だし、人前だから当たり前でしょ!」

私のその言葉にみんなの頭の上には?マークが出ていた。
……食べ方って大事だ…。

そう真剣に思った日でした。