珍しく物語を書いていて、それを友人に知らせるとそんな言葉をぶつけられた。
私は友人である彼みたいに創作者ではなく、遊び人なのに…。
とはいえ、筆はいつも以上にすすんでいる。
これは素直に後輩に感謝するべきだろう、と思う。

当時の事を思い出しながら書いているけれど、これはやっぱり少し複雑な物語になる。
それでも今、書いておかないと薄れ過ぎて書く事はないだろう。
こういう時は自分の無駄なやる気が頼もしい。

問題はこれをどのようなカタチで残すか。
いつものように駄文として残してもいいし、別のカタチでもいい。
そこは友人と相談して決めてもいいかもしれない。

出来るなら私の目標を達成したい。
それはもう数年前からある長い目標。
挫折して頓挫して、の繰り返し。

今度は出来るだろうか。
不安しかない(笑)