内容:いよいよ神殿の巫女見習いになることになったマイン。神殿に入るまでの間、これまでの ことをベンノに報告したり、カトルカールの試食会をしたりと、慌ただしく過ごす。そし て、マインが神殿へ行く日がやって来た。フェルディナンドによって誓いの儀式が行われ、 青色巫女見習いとして認められるマイン。そして、これからマインの身辺の世話をすると いう側仕えたちを紹介されるのだが......。 

感想:相変わらず作画や物語が安定していて面白い。
ちょっと主人公が万能すぎる気もしますが、そういう作風だから仕方ないかな、と。
話はようやく第二部、との事で原作が長すぎるせいか、かなりカット部分が多いのが勿体ないなぁ、と感じる作品。

時々、重い話もあったり考えさせられるところもあったりして冗長と思われる部分がとても少なく、このへんは上記で書いた カット部分 が上手に働いているのかもしれない(?)
アニメはどこまでやるか分かりませんが、アニメを見て面白いと感じた方は原作をぜひぜひ(笑)