内容:「いやあ~~~~ッ、25過ぎてから男と別れるってキツいですね!」
札幌在住、スープカレー屋で働く鼓田ミナレは、酒場で知り合った地元FM局のディレクター・麻藤兼嗣に失恋トークを炸裂させていた。翌日、いつものように仕事をしていると、店内でかけていたラジオから元カレを罵倒するミナレの声が……!麻藤はミナレの愚痴を密録し、生放送で流していたのだ。激昂してラジオ局へ乗り込むミナレ。しかし、麻藤は悪びれもせずに告げる。「お姐さん、止めるからにはアンタが間を持たせるんだぜ?」ミナレは全力の弁解トークをアドリブで披露する羽目に。この放送は反響を呼び、やがて麻藤からラジオパーソナリティにスカウトされる。
「お前、冠番組を持ってみる気ないか?」
タイトルは『波よ聞いてくれ』。北海道の深夜3時半、そしてミナレは覚醒するッ!

感想:まずミナレ役の声優さんがすごい(笑)
作品自体もラジオを通して色んな事をやっていくので、本筋がどこにあるのか分かり辛い。
そのせいでどの方向にも話を持っていけるから作者さんは本当に優秀なんだと思う。
ただ、勧められないと観ようと思う人はとても少なそうなのが残念。

売上も多分、厳しいし多分、第二期はないんじゃないかなぁ?と思っています。
第二期あったらもっと楽しめそうな予感がします。

ダラダラ見てもいいし考えて観ても全然いい、珍しい作品。