内容:「あの光の中に、行ってみたかった」高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。彼女には、不思議な能力があった。

感想:個人的に「君の名」よりは好きになれたかなぁ?と(笑)
映像や雰囲気、音楽はもう語らずもかな。

新海作品って初期の方から観ているけれど、少しずつ「あっ」と思わせる何かが増えている感じがします。それがキャラだったり、仕草だったり台詞だけに頼らないような作りになっている。
だから何度も見て発見があるのだと思う。

物語に関しては面白くなるまで結構時間が掛かった感じかなぁ…(1時間過ぎあたり?)
初期頃の作品と比べ「君の名は」から明るくなっているのは好きだけれど、内容はやっぱり初期作品より薄くなってる感じがしたが、作品の勢いとしてはあった感じ。

妙に現実要素があったり、それが少なくなったかと思えばファンタジー要素が突然だったり…その混ぜ合わせが好きであれば楽しめる作品じゃないかなぁ。