内容:東京地検特捜部検事・正崎善は、製薬会社の不正事件を追ううちに、一枚の奇妙な書面を発見する。そこに残されていたのは、毛や皮膚のまじった異様な血痕と、紙一面を埋め尽くすアルファベットの『F』の文字。捜査線上に浮かんだ参考人のもとを訪ねる正崎だが、そこには信じがたい光景が広がっていた。時を同じくして、東京都西部には『新域』と呼ばれる新たな独立自治体が誕生しようとしていた。正崎が事件の謎を追い求めるうちに、次第に巨大な陰謀が見え始め――?

感想:まだ原作が終わっていないため、アニメ最終話はオリジナルとなっていますが、結構楽しめた作品でした。
というのも世界観や設定は現代なのに 人間VS怪異に似た何か をやるというのが(笑)
残念な点としてはキャラクター達の行動がちょっと単純じゃないかなぁ?と。
そこ調べなかったんだ…これと戦うなら、もう……などなどちょっと考えればここまで大事にはならなかったのでは…などなど(笑)
原作の方は無事に風呂敷畳めるのか心配になるレベルです。

話は変わってFの正体、声優さん大活躍ですね!
あの演技力は聞いててすごいと思いました(笑)
……曲世さん、中の人含めて色々すごい…。