内容:突然、現れた魔女、そして新たなる問題「私はだぁれ?」
戦人、緑寿、ベアトリーチェの3人で考えるも…?

感想:うみねこのなく頃にシリーズがオールインパックになって、おまけに追加ストーリーもあるとの事で買ってはみたものの…「咲」の部分はもう本当におまけ部分で、プレイ時間も少ないし問題も簡単に解けます(笑)

このおまけ部分のために買うのは如何なものかと思いますが、まだプレイした事がない人、もう一度遊びなおしたい人は購入してもいいかもしれません(笑)

ただやっぱりおまけシナリオでも本編の誰が犯人かなんて明確な言葉では出てこないので、本編の犯人が気になる方は漫画版をおすすめします(笑)

ここまで「咲」の良いところは書いてませんが「咲」は色んな意味でうみねこシリーズ最後には相応しい物語だと思っています。