あ~ぁ、新人さんの理解能力のなさが現場にバレた。
……今までごまかしていたのに…。
バレてしまったのは仕方ない。

「ねえねえ○○(新人)さん大丈夫?」
「……正直、厳しいですね」

とはいえ、地雷を踏むのは新人さんだ。
今月末で抜ける私ではない。

「え、でも今回は頑張ってもらうしかないです…」
「う~ん…」

上長達は話し合う。
私がいなくなる事を考えて。

私は運よく逃げられたけれど、新人さん達はもう逃げられない。
それも本当はもう私には関係ない話になるのだけれど。

……仕方ない。
本気出して教えるとしよう。
出来るだけね。