同僚と先輩―二人と仕事をするのもこれで最後。
同僚は私から見て、とてもしっかりしている人だけれど、しっかりしている分仕事をサボるのも上手。
後は自分に自信があって、年上だろうが年下だろうが誰だって使う。
遠慮なんてしない人間―そう見えていたし、現在もその考えは変わらない。

そして先輩。
私を一番可愛がってくれた人はこの人なんじゃないだろうか?
大人しくしてた私のキャラも、この人に掛かれば弄られキャラだ。
まあ弄られキャラを隠してたのがバレただけなんだけれどね。

とても話しやすかったし、相談しやすい先輩だった。
仕事はわりと適当だけれど、親しみやすいって魅力だなぁって思った。

二人にお世話になったお礼を言って、私は帰った。
後は一番厳しく、それでいて一番優しい上司と働くのが数日続くだけだ。

辞めるまであと数日。
本気で仕事やってみようと思う。