私って割と惚れっぽいところがあるのかもしれない。
それとも単純に今、孤独に近いところにいるから誰でもいいと思っているだけなのか。

―あぁ、これはまずいなぁ。
私の昔の恋人Aを思い出しては考えを改める事にする。
孤独に負けて人を求めたら駄目。
人を求めるのなら相手をちゃんと見ないと失礼だ。

今日だけで、気になる人が複数に現れた。

―本当に下らない。

そんな事実。
受け止めはするけれど、認める事なんて出来るはずもない。

この気持ちで人を求めたら姉のようになる。
そして上手くいかない事も既に知っている。

それなら私はこの気持ちに負けないようにして生きるだけだ。