今日で先輩と一緒に仕事を行うのは最後になる。
この先輩はとても真面目だけれど、要領が少し悪いのかもしれない。
そして私と似たところ―言葉足らず等がある。
でも後輩想いである事は確かだ。

もっと他の先輩や上司に見てもらえれば、皆と仲良くなるのに勿体ない。
それも性分なんだろうけどね。

お世話になったお礼を言って、私と先輩は笑い合う。
短い間だったけれど、多分私が今まで働いたどの場所よりも楽しかった事は間違いない。
その場所にはやっぱりこの先輩、もう一人の先輩、そして上司。
誰か一人欠けていたらそうは思わなかっただろう。

―ムイは人に恵まれているね。

ふとその言葉を思い出した。
もう誰が言ってくれた言葉か思い出せないけれど。
その言葉通りだと私も思う。

時間があれば、また遊びに来る事にしよう。
大好きなこの場所に。