友人の妹さんがある病気を持っているという話を聞いた。
正直、その病気に対して詳しくはないし、知識もないけれど。
その病気を持っている人なら知っている、私の友人の恋人さんだ。

病気を持っている妹さんの兄は私に相談してくる。
妹をどうにかしたい、と。

「どうにかしたいって思ってるのは妹さん? それとも貴方達?
もし後者ならとてつもなく失礼だと思うのだけれど? 妹さんがその病気―いや病気って言い方も嫌いだから使いたくないけれど、を治したいと思っているのなら相談にのるけど、違うなら絶対に嫌だ」

だって性同一性障害でしょ?
別に簡単だとか単純だとかは思ってないけど、あれって個性だと思うんだけどなぁ。

とりあえず私の友人さんの恋人さんの事を話した。
すると友人はこんな疑問を投げかけてくる。

「……すごいな。どうやって乗り切ったんだろう? そしてその人ってどんな人なんだ?」

その問いに対して私はこう答えた。

「乗り切ったかでいえば分からない。けどまあ人柄で言えば良い人なんじゃないの? 直接関わった事なんて無いに等しいし、聡明な人で優しい人だとは思うけれどね」

「……へぇ、ムイが誉めるって相当だな」

そんな事はない。
これはただの憶測であって真実ではないし。
ただのイメージだ。

「でもまぁ、なっちゃったもんは仕方ないでしょ? 妹さんだってなりたくてなったわけじゃないし。
無理やりどうにかしようなんて思わないでよね、それって妹さん個人を否定してるのと変わらないんだから」

「……でも、なぁ」

「でもじゃないです。そのカップルだってお互いにちゃんと頑張って認め合える関係を作ったのだから妹さんだって出来るはずよ、すごく大変な事だったとは思うけど……それと限界まで悩んでいたら妹さんは貴方に相談してくるはずでしょ? 兄の貴方にさ、それまで待ちなさい」

本当、こういう苛立つ相談はやめてほしい。
妹さんを軽視してるにもほどがある。