ジャンプ―通称「バッタ」
コンボゲーでは基本「二段ジャンプ」や「空中ダッシュ」があるが、差し合いゲーとなると話は別。

そもそもジャンプ行動では地上にいる時に比べ、リスクが大きくなる。

・空中にいる時は基本的に防御が出来ない(空中防御出来る作品はあるが)
・空中では出せる必殺技が非常に少ないため、行動が読まれ易い。
・着地する瞬間に硬直時間が発生する。
・対空に強いキャラクターもいるので、そういう相手だと一方的に負ける可能性が高い。

だけど「起き攻め」・「めくり」など駆け引きが多くなる利点もある。

要するに何が言いたいのかというと、考え無しでジャンプしない事。
ジャンプする時はなにか目的を持ってする事。

コンボゲーだと「空中ダッシュ」などを使って、相手の予想を裏切れる場面が多くあるが。
差し合いゲーだと、上記に書いた通り。

空中で出せる必殺技に無敵時間なんて期待出来ないし。

そうなると自然に地上での「立ち回り」が重要となってくるはず。