※音量注意です。

内容:1982年、NASAが宇宙に向けて「友好」のメッセージを発信した。 2015年、しかし宇宙人はそのメッセージを人類からの宣戦布告と勘違い。 ゲームキャラに姿を変え、地球を侵略しはじめたのだ! グアムの空軍基地を襲う「ギャラガ」、インドのタージ・マハルを崩す「アルカノイド」、ロンドンの空を覆いつくす「センチピード」、 NYの街を食べ尽くす「パックマン」、そしてワシントンDCに現れた巨大母船からは「スペースインベーダー」ほか大量のゲームキャラが… さらには「ドンキーコング」まで!? 全てをピクセル化させる攻撃を受け、ピコピコ崩壊する世界…。 この最大の危機を乗り越える為に選ばれたのは、元ゲームオタク達だった。 彼らを"アーケーダーズ"として組織し、米国陸軍中佐の指揮の下、ゲームキャラに戦いを挑むのだが…! ゲームオタク vs 80年代ゲームキャラーーどうなる、世界!?

感想:アイデアと設定は面白いと思うのだけれど、短い。
1980年代のゲームがほとんどなので私は少ししか分からなかったのが残念(笑)
思っていたよりおバカ(良い意味)な作品で、笑いもある。

やっぱり「ゲームが上手い」・「ゲーマーの人」は“オタク”と言われバカにされるんだなぁ、と(笑)
その点は最近、少しは認められてきた感じがするけど、日本ではまだまだ全然なので寂しくもある。

個人的には今回の作品。
対戦ゲームでプレイヤー同士の戦いを見れるのかなぁ、とか勝手に勘違いして期待していたが、そんな事はなかった!でもまあ面白かったとは思うし私よりもっと先輩のゲーマーさん達が見たらもっと楽しめるのかもしれません。

手元に持っておきたいかは別としてね。