内容:かつて国内外の数々のピアノコンクールで優勝し、指導者であった母から厳しい指導を受けて「ヒューマンメトロノーム」とも呼ばれた神童有馬公生は、自らの言葉により母の死のきっかけを作ったことで、それ以来コンクールで弾くと母の幻影を見てピアノの音が聞こえなくなるトラウマを患い、ピアノを弾けなくなってしまう。それから3年後。14歳になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合うも…。

友人から勧められ一話だけ見た。

「あ、これ絶対、面白いわ」

と思ったのでそこで見るのを止めた(笑)
こういうのは後で一気に見た方が続きを気にしなくて済むからだ。

どうせ原作も集めたくなるんだろうから、ここに書いておく事にする。