夢衣の足跡

別にゲーム攻略ってわけじゃなく 紹介ってわけでもない。 ―これはただの足跡。

会社から言われた事。それは―「このゲームやってみて? 一週間後にどれくらい出来たか見るから」えぇぇぇぇ…(滝汗)やってみてじゃないよ~…自分の興味のないゲームをやらせるってどんだけ鬼畜なんですか~…。でもこれは正式な課題なのだから…仕事なのだからやるしか ...

駅でアンケートに答えたら。不動産に行く事になった。とりあえず「怪しい」という事を第一に。警戒心を剥き出しにして不動産に入っていく私。辿り着いてまずは私にアンケートを出して来た人が現れ、次にその上司様が現れた。そして挨拶を済ませ、私達は席につき話を始める。 ...

都会の空は嫌いだ。勿論、そんな事を分っていた事だけれど。改めてそう思った。高くて大きなビル達の隙間に少しだけの空の空間。地元にいた時の空は広くて綺麗で好きだったなぁ。やっぱり都会は私には合わない。そう、ちゃんと理解した。だからって帰る事はまだしないけれど ...

大切な人を傷付けて、大切な人に傷付けられて。傷を付けたから、傷を付けられたから憶えているんだと思う。勿論、これは保険。忘れる可能性がある。忘れられる可能性がある。人間、完全に忘れるなんて事は出来やしないけど。傷を付けたらその罪悪感で。傷を付けられたらその ...

あ~ぁ、とうとう買っちゃいました。数年前から買いたかったゲームを。確かに私はそのゲームを買いたかったです。でも出来るならそのゲームは遊びたくないのです。何故ならそれは暗いと分かっているから。下手をすれば病むから。そんなゲームなんです。もうタイトルと絵から ...

↑このページのトップヘ