夢衣の足跡

別にゲーム攻略ってわけじゃなく 紹介ってわけでもない。 ―これはただの足跡。

姉から連絡が来た。なんでも私が元気かを気にしてだそうだが…。全体的に見れば「うちの彼氏が鬱陶しくてさ」という内容だった。その年になってまで惚気ないでよ…と思う私。でも恋人がいるのは少しばかり羨ましい。その気持ちを姉に言うと「お~…珍しいな。お前がそういう ...

別にどんなになってもいいんだ。元の人間性が失われてなければ。私は「相手が何かを出来るから」好きになったんじゃない。人間性に惹かれただけの話だ。だから相手がどんな選択をしてどんな後悔をしようと。本音をいえば私には関係ないんだ。でもやっぱり友人として「後悔し ...

名前もそれなりにかわっているし、顔も純日本人と思われない私。名前の読み間違いはもう慣れたけど。容姿の方は「ハーフですか?」と言われる。それも言われ飽きたが、その事に対して疑問が出て来た。「ハーフですか?」ってつまり私の顔を見て言ってくれているわけで。ハー ...

とある駅で降り、帰路に着く。音楽を聴いて帰ろうとイヤフォンを付けて歩く私に彼は近付いてきた。―今、少しだけお時間よろしいですか?別に急いでいるわけではない私。でも、こういうのは本当に面倒くさい。大体、なんで私なんかに話を掛けて来たんだろう?この人は…まあ ...

おおぅ…。欲しいモノが安かったのもあって、そしてどれくらいで自分は危機感を持つのだろうとお金を盛大に使ってみたんだけれど…危機感が全くなしな自分が怖い。ギャンブルや簡単に借金してしまう人ってこんな感じなのかなぁ…?とか考えたりして。まあ人様にお金を借りる ...

↑このページのトップヘ