夢衣の足跡

別にゲーム攻略ってわけじゃなく 紹介ってわけでもない。 ―これはただの足跡。

職場に寄らず、作業場所へ向かう。いやぁ、作業時間が短くて本当は職場に戻らないといけないのだけれど先輩との話し合いで直帰する事になった、実質、一時間ぐらいしか働いてないなぁ。今日は(笑)現場のみんなも問答無用で休んだり、仕事を押し付けたりしてるからたまには ...

幼馴染の後輩が地元で幅を利かせるらしい。なに、子供みたいな事をしているんだか…そう呆れていても状況は悪化するだけ。私「後輩の事ぐらいちゃんと見ておきなさいよ」幼馴染「いやだって、アイツ…最近言う事を聞かないし…」幼馴染2「って言っても、彼も良い大人なんだか ...

私の現状を知るために相関図と個々に対する気持ちを書いてみた。結果、私はどこに対しても不満を持ってるし、相手は相手で都合よく私を使っているな、感がある。いやまぁ、こういう生き方をしているのだからそれぐらいは覚悟していたつもりなんだけれど、それでもやっぱり限 ...

友人から話を聞く。元恋人さんとの電話で気持ちの全てを伝えたとの事。そう、元恋人さんはちゃんと傷付きにいったのね。そして貴方も変な情は見せないで、ちゃんと言ったのね。お互いにちゃんと理解し合って終わったのなら私はそれでいいと思う。これであの人達の周りは落ち ...

「ムイ」に辿り着く人はとても少ない。それでもふたり、たったふたりはあんな私を好きになってくれた。「辿り着く」は違うよ。だって私も歩み寄ったんだから。器用か不器用、上手に下手かなんて考えなかった。それは多分、お互いに……。ただ私も相手も素直に気持ちを出せる ...

↑このページのトップヘ